主なメディア出演・講演・著作(一部抜粋)一覧

Media一覧 翻訳する 原文を表示

[番組出演]J-WAVE「FUTURISM」ナビゲーター(レギュラー出演)

[雑誌掲載]文藝春秋 2017年3月 インタビュー掲載

[著作]東京電機大学 平成29年度 入学試験問題(国語)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]静岡理工科大学 2017年度一般入試問題(国語)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]盛岡短期大学部 生活科学科 平成29年度 推薦入試(一般)・社会人入試問題(小論文)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]大妻嵐山高等学校 平成29年度入学試験問題(国語)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[雑誌掲載]東洋経済『Think!』別冊 「未来型ビジネスプロセス」| 三越伊勢丹ホールディングス社長 大西 洋 × 小川 和也 対談

[講演]全国労働組合生産性会議 講演 2016年11月29日

[講演]文部科学省等主催「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」(2016年10月19日~10月22日開催)に登壇

[講演]GINZA SONY PARK PROJECT TALK SESSION〜東京・銀座の未来「スプツニ子!× 小川和也」

[著作]警視庁警察官1類試験 平成28年度第2回文章読解問題に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[講演]公益財団法人日本生産性本部 労組幹部政策懇話会講演「デジタルは人間を奪うのか」2016年7月27日

[新聞掲載]慶應塾生新聞 2016年6月6日号|人工知能の行方〜AIと雇用 就活を考える

[著作]鹿児島県公立高校 平成28年度 入学試験問題(国語)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]桜花高等学校 平成28年度 入学試験問題(国語)に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]松本大学 平成28年度 入学試験問題に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[著作]東京聖栄大学 平成28年度 入学試験問題に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[雑誌掲載]サンデー毎日 2015年12月27号|〔「政治脳」座談会〕脳を鍛えて人を動かす!/下 司会・塩田潮 篠浦伸禎×曽根泰教×小川和也

[雑誌掲載]サンデー毎日 2015年12月20号|〔「政治脳」座談会〕脳を鍛えて人を動かす!/上 司会・塩田潮 篠浦伸禎×曽根泰教×小川和也

[講演]小川和也×WIRED日本版若林編集長トークショー「人類は人工知能をどこへ導くのか」 2015年12月10日

[雑誌掲載]週刊東洋経済 2015年9月12日号|「ひと烈風録 / 安倍昭恵 首相夫人」にてインタビュー掲載

[雑誌掲載]PRESIDENT 2014.12.1号|「本の時間」京都大学大学院人間・環境学研究科教授の鎌田浩毅氏による「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)への書評

[番組出演]J-WAVE LOHAS TALK 2014年12月15日〜12月19日 ゲスト出演

[番組出演]ニコニコ生放送「あした投票しないと後悔するよナイト」MC 2014年12月13日

[雑誌掲載] 孫の力 第21号 2015年 01月号 |「終日読書マラソン7」[書評]福岡伸一 / 生物学者

[新聞掲載]沖縄タイムズ 2014.11.8付|「新書/選書レビュー」沖縄タイムズ 2014.11.8付「新書/選書レビュー」

[雑誌掲載]ソトコト 2014年12月号|「生命浮遊」特別版 --- 福岡伸一×小川和也 対談「芸術とデジタルのあいだ〜芸術がデジタルと交わるとき」

[番組出演]RKBラジオ|ニュース新発見 インサイト --- 今週のスペシャル・インサイト「文化の日に考える!デジタル社会の行方」出演 2014年11月3日〜11月7日

[Webメディア掲載]CNET Japan 2014年11月1日|[ブックレビュー]デジタル&ネット時代は本当に便利?--「デジタルは人間を奪うのか」

[新聞掲載]東京IT新聞 2014年10月28日号|東京ITブックナビゲータ掲載 Book Review「人間は人工知能とどう共存すべきか」

[番組出演]文化放送「くにまるジャパン」2014年9月29日|「本屋さんへ行こう」ゲスト生出演

[番組出演]RSK山陽放送「朝まるステーション1494」2014年9月26日放送|「新刊紹介」コーナーにゲスト生出演

[番組出演]文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」2014年9月16日|大竹まことの言いたい放題にゲスト生出演

[Webメディア掲載]日経DUAL 2014年5月19日(第1〜3回)|安倍昭恵首相夫人×スプツニ子!×小川和也 対談

[講演]世界連邦21世紀フォーラム講演 2014年4月11日

[著作]国立大学法人 小樽商科大学 平成27年度 学力試験問題に「デジタルは人間を奪うのか」引用出題

[寄稿]「デジタルマーケティング年鑑2015」(宣伝会議刊)|寄稿「モバイルファースト」

[雑誌掲載]「R25」2015年2月12号(No.364)|特集「ロボットは敵か、味方か」インタビュー

[新聞掲載]東京IT新聞 2015年1月9日|「人の仕事は必ず減る!」人工知能(AI)との向き合い方を小川和也氏が直言

[講演]CNET Japan Live 2014 Winter セッション「オフラインとオンラインをボーダレスにするために必要なこと」登壇

[寄稿]慶應義塾保険学会 2014年11月10日|寄稿「テクノロジーの進化と人間をとりまくリスクの変化」

[雑誌掲載]講談社「本」10月号|寄稿「可能性に満ちたものほど厄介だ」

[講演]UZUの学校開会式 記念ディスカッション「教育の未来」2014年7月26日|
小川和也、林真理子(作家)、古市憲寿(社会学者)、秋沢淳子(TBSアナウンサー)、仁禮彩香(女子高生CEO/GLOPATH社長)

[講演]ad:tech kyushu 2014年7月9日 スピーカー登壇

[講演]ワイヤレスジャパン2014「リアルとデジタルを有機的に結びつける循環型O2Oマーケティング」登壇

[講演]Web&モバイルマーケティングEXPO 2014 登壇

[講演]SOCIAL MEDIA WEEK 2014 登壇

[講演]CNET Japan Live 2013 登壇

[雑誌掲載]宣伝会議 2013年12月号|特集「スマートフォンで変わる消費行動」でスマホと消費行動の相関について言及

[雑誌掲載]朝日新聞|web広告月報インタビュー「ソーシャル活用によって広がるマスメディアの可能性」

[受賞]DMA国際エコー賞2013 |「100万人でつくろう元気のうた」BRONZE賞

[雑誌掲載]ad:tech tokyo 2013 スピーカー登壇

[番組出演]NHKクローズアップ現代 2013年7月25日|「人を動かす“共感力”」

[寄稿]Voice 2013年8月号|寄稿「ネット選挙解禁は政治改革の起爆剤」

[新聞掲載]THE JAPAN TIMES 2013年7月10日|“Tech-savvy candidates hope to reach young voters via online campaigns” インタビュー掲載

[雑誌掲載]広報会議「アドタイ」|参院選2013 ネット選挙の戦い方

[講演]田原総一朗、堀潤、小川和也、平将明、福田峰之、鈴木寛、松田公太による徹底討論「新しい選挙のカタチ」6月25日 参議院議員会館

[講演]ad:tech Kyushu 2013 スピーカー登壇

[講演]マーケティング・テクノロジーフェア2013 登壇

[講演]Social Media Week TOKYO「ソーシャルメディアが政党政治に引導を渡すのか?」2013年2月19日
【登壇者】
小川和也
東浩紀(思想家)
辻野晃一郎(グーグル株式会社前社長)
津田大介(ジャーナリスト)
鈴木寛(民主党議員)
平将明(自民党議員)
松田公太(みんなの党議員)

[番組出演]ソーシャル@トーク# 2012年11月23日ゲスト生出演

[講演]ad:tech tokyo 2012 スピーカー登壇

[雑誌掲載]SAPIO2012年11月号|「ネット論壇マトリクス」


投稿 | 編集