現実という思い込み | 45 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか | sotokoto online(ソトコトオンライン)
Notes
人工培養肉で生きている | 44 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか | sotokoto online(ソトコトオンライン)
Notes
ロボット妻依存 | 43 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか | sotokoto online(ソトコトオンライン)
Notes
世界はデータ | 42 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか | sotokoto online(ソトコトオンライン)
Notes
現金が存在しない時代 | 41 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか | sotokoto online(ソトコトオンライン)
Notes
ロボットに掃除をしてもらっていたら、掃除をしたくなった | 南沢奈央の読書日記
Notes
「未来のためのあたたかい思考法」〜ソトコト2019年3月号 連載vol.40「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

3月22日に発売となる拙著『未来のためのあたたかい思考法』にまつわるお話。

https://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201904

『未来のためのあたたかい思考法』
Notes

新しい著書『未来のためのあたたかい思考法』が3月22日に発売となります。

未来につながる今を生きるための寓話的思考法という新たな試みで、真ん中に「あたたかさ」を据えています。超テクノロジー社会を生きるための思考法を提案させていただき、建築家の隈研吾さん、地球科学者の鎌田浩毅さんとの対談も収納しています。

本書における思考法の最大の特徴は、「あたたかさ」を伴うことだ。
それは、あなた自身をあたためるための思考法であり、他の誰かをあたためられる。
あたたかさは人間特有の感覚であり、人工知能にはあたたかい思考法は持てない。
32編の寓話的思考から、「あたたかい思考法」につながるヒントを見つけてもらいたい。
「あたたかい思考法」が、あなたにとって望ましい未来へと導くことを願う。
―本文より

「点と点の接続力」〜ソトコト2019年3月号 連載vol.39「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

立体化から点をとらえた時に、点の本質が露わになる。

www.sotokoto.net
「機械翻訳と語学」〜ソトコト2019年2月号 連載vol.38「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

英語学習に費やす1000時間を削れたとしたら、浮いたこの時間を何のために使いますか?

www.sotokoto.net
「脳は生き様」〜ソトコト2019年1月号 連載vol.37「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

生き様が反映されるのが、脳である。

www.sotokoto.net
「『先味』『中味』『後味』」〜ソトコト2018年12月号 連載vol.36「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

「先味」「中味」「後味」。
3つの味は、テクノロジーによってどのように変化するのか。

www.sotokoto.net
Log in | Sign up