GINZA SONY PARK PROJECT トークセッション#7 〜 スプツニ子!× 小川和也「東京・銀座の未来」
Notes
「紙の本の”魔力”」〜ソトコト2016年11月号 連載vol.13「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

ソトコト2016年11月号の連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」。今号のテーマは「紙の本の”魔力”」。

電子書籍にはない非合理的な部分にこそ、紙の本の“魔力”が隠されている。僕は、電子書籍リーダーを愛用しながら、紙の本の“魔力”と向き合い続けることになるのだろう。

www.sotokoto.net
ロボットと人間の最適な共存方法を見いだそう - 小川和也|WEBRONZA - 朝日新聞社
Notes
消費者と店舗をつなぐプラットフォーム「Gotcha!mall」へ 国内最大手の総合スーパー(GMS)イオンが参画
Notes

国内最大のGMSであるイオンが弊社「Gotcha!mall」への参画を発表致しました。
生活者と店舗をつなぐ新たなプラットフォームとして、日本のみならず、海外各国での発展に努めていきます。

【関連ニュース(一部)】
・コーポレートIR

・日本経済新聞

・ITmedia

「会話の楽しさ」〜ソトコト2016年10月号 連載vol.12「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

“チャットボットは至るところに進出し、経済活動における合理性を育む。そんな社会で暮らしていると、きっと今よりも感じるはずなのだ。「あー」とか「うー」とか言葉に詰まったり、思いもよらぬ返答をされる会話の楽しさを”

今月のソトコト連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」は、チャットボット時代が浮き彫りにする会話の本質についてのお話です。

www.sotokoto.net
もしかしたら確信犯的演出なき『シン・ゴジラ』〜庵野総監督の底知れぬクリエイティビティ
Notes

『シン・ゴジラ』についての論評は世の中に溢れているし、見方も感じ方も多様であって然るべきなので、その類のことはそれらにお任せするとして、昨年1月に庵野総監督とご一緒する機会があり、お酒も交えながら根掘り葉掘りと庵野氏に問いかけた時の一つ一つのリアクションや、本作撮影に関わる話にも及ぶ中で、その際に受けた庵野氏の底知れぬ感性の衝撃が蘇ると共に本作の尾ひれはひれとも紐付いた。
お付き合いをしているクリエイターは皆それぞれの個性を持たれているが、庵野氏が放つ独特なクリエイティビティばかりは端的な言葉にし難い。
本作『シン・ゴジラ』も、確信犯的になされている演出なんぞは実はなく、庵野氏の強烈なクリエイティビティが結果的に確信犯的にみせているだけなのかもしれないと、庵野氏の淡々とした物言いを思い出しながら想像してみている。

大企業とベンチャー、どちらで働いても必要なものとは?|日経カレッジカフェ[連載]デジタル社会の光と影 第20回
Notes
曽野綾子×小川和也 対談「小説とテクノロジー」〜ソトコト2016年9月号「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか special」
Notes

かつて、シンギュラリティを彷彿させる『2050年』という小説を書いている作家の曽野綾子さんとの特別対談。
小説×テクノロジーを軸に、万年筆の時代から100年後の未来まで。
独特の観点に溢れた対話が展開されています。

www.sotokoto.net
「アフガニスタンの秘宝」〜ソトコト2016年8月号 連載vol.11「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

“古くは紀元前から守りぬかれたアフガニスタンの秘宝のひとつひとつが訴えてくるものは、大量生産製品のそれとは対極的な何かであり、圧倒的な存在感、力にみなぎっていた。そこで、プリツカー賞も受賞したオーストラリアの著名建築家であるグレン・マーカットのこの言葉を思い出した。「人生とはすべてを最大にすることではない」。そして、「この時代の最も大きな問題の一つは、迅速な作業を可能にする道具を作り出したことだ。だが迅速さや繰り返しでは、正しい答えにたどり着かない。知覚によって正しい答えが得られるのだ」。そう、アフガニスタンの秘宝は、確かに僕の知覚を大きく揺さぶった”

ソトコト2016年8月号「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」は、東京国立博物館で日本初公開となった特別展「黄金のアフガニスタンー守りぬかれたシルクロードの秘宝—」からのインスパイアを綴っています。

www.sotokoto.net
グランドデザイン、オムニチャネルプラットフォーム 「Gotcha!mall」のProgressive Web Apps対応を実施
Notes

当社が運営する、生活者と店舗を結びつけるプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」は、Googleなどが推奨するスマホでのWebブラウザ上でネイティブアプリと同等のインタラクションを実現する「Progressive Web Apps(以下、PWA)」の対応を行なうことを発表しました。
「Gotcha!mall」は、日本をはじめASEAN各国、中国、台湾でグローバル展開し、多言語でPWA対応することにより、これらエリアの不安定な通信環境においてもネイティブアプリのような高速で快適なユーザー体験を提供、アジア全域での利用者拡大を目指します。

ロボット関連企業社長が語る 成長を実感できる産業で働こう|日経カレッジカフェ[連載]デジタル社会の光と影 第19回
Notes
【人工知能の行方】 進化するAIと雇用 | 慶應塾生新聞 2016年6月6日号
Notes
ログイン | 新規登録