サンデー毎日 2015年12月20日号 “「脳」を鍛えて人を動かす!” にて、脳科学と人工知能に関する話をしています。
脳外科医として活躍する篠浦伸禎氏、政治学者の曽根泰教氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)と、「政治リーダーに求められる脳」「人工知能」をテーマに2号に分けての座談会。政治、歴史、様々な現象を脳科学の観点で考察しています。
右脳・左脳、それぞれに存在する二次元と三次元、それと人工知能の対比、社会を形成する要素など。異種3人がゆえに、随分と立体的な議論になりました。

mainichibooks.com
Post | Edit