ラジオは「想像メディア」〜ソトコト2017年6月号 連載vol.18「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

そう、今も昔もラジオは「想像メディア」なのだ。
空白や間にすら想像の機会が与えられる。

ソトコト2017年6月号 連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」は、想像メディアとしてのラジオについて。
まるで語りかけられているようなラジオは幼少期から大好きなメディアでした。
4月からJ-WAVE「FUTURISM」でナビゲーターを務めさせていただくようになって、想像メディアとしての可能性を再認識しています。
人工知能時代における人間の贅沢は「想像」ではないでしょうか。

www.sotokoto.net
TOPPAN FUTURISM | J-wave ON AIR DATE 2017.04.09
Notes

ゲストは、中田英寿さん。

現役引退後も世界を渡っていらっしゃる、中田英寿さん。
「人工知能が”日本酒を作る”時代が来る?!
 伝統文化の未来について、お話伺います」

TOPPAN FUTURISM | J-wave ON AIR DATE 2017.04.02
Notes

ゲストは、研究者の落合陽一さん。

「現代の魔法使いと呼ばれる落合さんが考える、
 AIと人間。未来にも残る仕事とは?」

「エネルギーとテクノロジー」小川和也 × 北 勝(東京海洋大学客員教授) 対談 〜ソトコト2017年5月号「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか special」
Notes
www.sotokoto.net

テクノロジーとの掛け算によるエネルギーの進化。地球環境、そしてそこで暮らす人類の未来について考えます。

J-WAVE「FUTURISM」
Notes

ナビゲーターを務めさせていただく J-WAVE FM81.3「FUTURISM」がいよいよスタートします。
リスナー・出演者・スタッフの呼吸を合わせながら、未来を創る鍵を探していきます。

J-WAVE NEWS|2017.4.2(初回)OnAir

「感動とは何か」〜ソトコト2017年4月号 連載vol.17「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

創造性が土俵である小説や音楽の世界でも、人を感動させる一定の法則があることに着眼し、人工知能がその法則に沿って作品をつくる。そんな試みが増え、人工的なヒットが量産されてもおかしくはない。人工知能が、カタルシス、ホロニック構成、ストーリー等を巧みに操り、効率的に感動を誘導する。
そんな中、「そもそも感動とは何か」ということについて、人間は深く考えさせられることになりそうだ。

www.sotokoto.net
東京芸大教授に聞く 人工知能の芸術は人を感動させられるか|日経カレッジカフェ[連載]デジタル社会の光と影 第24回
Notes
「ダークマター」〜ソトコト2017年3月号 連載vol.16「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

”「人工知能製ダークマター」に覆われた世界を想像していると、村山聖と羽生善治が将棋の深い海を共有するシーンへと引き戻される。 僕はやはり、あの二人が一緒に潜ろうとしている深い海を尊く思うのだ”

www.sotokoto.net
「進化をはかる時計」を身につけよう ~非常識が常識化する日|日経カレッジカフェ[連載]デジタル社会の光と影 第23回
Notes
“我 伝える ゆえに我あり” ~つながり禁断症状の果てに|日経カレッジカフェ[連載]デジタル社会の光と影 第22回
Notes
落合陽一 × 小川和也 対談〜ソトコト2017年2月号「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか special」
Notes

メディアアーティストの落合 陽一さんとの対談。
魔法の世紀、デジタルネイチャー、実存主義、シミュレーション仮説、人間の脱構築、100年後の世界。いままでの常識は、かつての常識に。

www.sotokoto.net
「シミュレーション仮説」〜ソトコト2017年1月号 連載vol.15「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」
Notes

ソトコト2017年1月号の連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」。
今号のテーマは「シミュレーション仮説」。

この世はリアル、それともフェイクか。
シミュレーション仮説はフィクション、それともノンフィクションか。

http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201612

ログイン | 新規登録