東京IT新聞 2014年10月28日号 / 東京ITブックナビゲータ掲載 Book Review

「人間は人工知能とどう共存すべきか」

あらゆるモノがインターネットとつながり、“ビッグデータ”が集積されることで人工知能の能力は飛躍的に向上している。
今、人の手で行なわれている電話営業やデータ入力や解析、裁縫師など、多くの仕事が今後20年でロボットやコンピュータに奪われる可能性が高いと指摘されている。
デジタルテクノロジーが人間の知能を超えた時、待っているのはどのような世界なのか。
人間の脳とコンピュータが接続され、永遠に止まらない心臓が開発された世に何が起こるのか。
現在のテクノロジーがどのような状況にあるのかを追い、人間はどう対処すべきかを解いた力作。

Post | Edit