夏の真っ盛りではあるが、ファッションや商業施設関係の方と話をしてると、その目線は既に今年の冬や来年にあり、必然的に季節感のない話で盛り上がる。

とはいえベンチャー企業の経営者をやっていると、たいていは今ここではない未来のことを考えていることが多いから、季節感のない話はむしろ得意領域だったりする。

しかしその弊害もある。

それは、いま目前にある季節を味わうことをスルーしがちな癖が身についてしまったことだ。

この癖は、そろそろなくした方が良いと思っているのだけれど。

Post | Edit