僕のデスクの目のつくところには、読みかけもしくは1ページも読めていない本が常に山積みになっている。

未読の本が日に日に蓄積していくのに、それでもさらにどんどん新しい本を入手してしまう。献本をいただく機会も多い。
Amazonや書店へ出向くとそれに輪をかけてしまうので、特に忙しいときなどはなるべく近寄らない努力をする。

「早く読みなよ」とでも言わんばかりのこの山積みの未読本は、一見“プレッシャーの塔”のようにも映る。
しかし、僕にとってそれは決して“プレッシャーの塔”ではなく、楽しみの蓄積なのである。

そうか。
だから、わざわざ目のつくところに未読本を積み重ねていくのか。

Post | Edit