http://www.keio-hoken.jp/column/1470/

起源を18世紀にまで遡る大数の法則、さらに古代ローマのコレギウム、中世ヨーロッパのギルド。明治維新の時に始まった今日の日本の保険制度には、それまでの歴史が積み重ねて来た多くの礎がある。
言わずもがな、保険は偶発的な事故によって生じた損害を埋め合わせるための仕組みであり、その背景には何らかのリスクが存在する。このリスクは、われわれが生息する地球、社会環境によって常に変動を続けている。ゆえに、このリスクの変動もしくは変動の予兆を的確に捉え、それに応じた保険のあり方を追求して行く必要がある。

Post | Edit