[連載]デジタル社会の光と影 第1回--就職人気企業ランキングを信じるリスク|日経カレッジカフェ
Notes

http://college.nikkei.co.jp/article/28601711.html

先進的技術、機械や機器、コンピュータ、インターネット、データ。「デジタル」は猛スピードで進化を続けている。それらは人間に多くの恩恵を与え、利便性にあふれた社会づくりには欠かせないものとなった。気がつけばわれわれの生活はデジタルに囲まれ、その依存度は高まる一方だ

現場で培った「勘」と「科学」の掛け算――すかいらーくのマーケティングアプローチ - ITmedia マーケティング
Notes

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1412/16/news001.html

前編では、すかいらーくが展開するさまざまなチャネルのハブ的な機能を担うアプリを中心に、デジタル技術の進化が貢献する同社のマーケティング戦略の状況を紹介した。後編は、同社のデータ分析に対するユニークなアプローチの仕方から話が始まる。

年間の延べ客数4億人それぞれのニーズをつかむ――すかいらーく - ITmedia マーケティング
Notes

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1412/15/news008.html

「イートイン」「デリバリー」「テイクアウト」という3つのチャネルで外食事業を展開するすかいらーく。1人ひとりの顧客のニーズに合わせた形でさまざまなチャネルに接してもらうためにも、デジタル技術の積極的な活用が鍵になる。同社 マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター 神谷勇樹氏に話を聞いた。

福岡伸一さんと安倍昭恵さんのコネクティング・ザ・ドッツ
Notes

http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201501

懇意にしている福岡伸一さんと安倍昭恵さんの2人をコネクティング・ザ・ドッツして生まれた対談が2015年1月号のソトコトに。レーウェンフック、フェルメールから、僕が安倍昭恵さんと一緒にやっている「UZUの学校」の話まで。流れで急遽、その会話を読み物にするという珍しいミッションを僕が授かることに。3時間くらい、会話は多岐に渡りまくりましたが、ぎゅっと凝縮。

人工知能やロボットが人間の仕事を奪うということは、「人間にしかできない新たな仕事を担うこと」への鼓舞でもある 『デジタルは人間を奪うのか』〜その現在進行形 ---講談社現代ビジネス|小川和也の「デジタル・ドリブン」
Notes

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41181

とめどなく進化を続けるデジタルテクノロジーは、われわれをどこに連れていくのか。
膨大な情報の恩恵を受けながら、情報に溺れる。人工知能がヒトの脳を超え、ロボットが多くの仕事を奪う。あらゆるモノがネッ…

生まれた日の新聞
Notes

自分が生まれた日の新聞を読んでみると、ニュースもテレビ欄を埋め尽くしている情報も、何から何までノスタルジックの極みであり、絶妙なタイムスリップ感に陥る。
その時あたらしかったものは、いまとなってはよく言えばレトロ、見方を変えれば微笑ましいくらいに古臭い。

出稿されている広告なんかも、クリエイティブ含めてその時代をよく現しているわけだが、当時の等身大も現在においてはシュールさすら漂う。

劇的な環境変化を定点観測する術として、古い新聞を遡ってみることは実に面白く、たまにやってみると思わずハマる。

人間は、古いものの上に新しいものを重ねてはそれをひたすら繰り返して生きている。とにかくそれをひたすら繰り返す。新しいものはやがて古くなり、古いものはさらに古くなる。その当たり前の積み重ねのさまを、思いっきり味わえる。

「テクノロジーの進化と人間をとりまくリスクの変化」小川和也 | 慶應義塾保険学会
Notes

http://www.keio-hoken.jp/column/1470/

起源を18世紀にまで遡る大数の法則、さらに古代ローマのコレギウム、中世ヨーロッパのギルド。明治維新の時に始まった今日の日本の保険制度には、それまでの歴史が積み重ねて来た多くの礎がある。
言わずもがな、保険は偶発的な事故によって生じた損害を埋め合わせるための仕組みであり、その背景には何らかのリスクが存在する。このリスクは、われわれが生息する地球、社会環境によって常に変動を続けている。ゆえに、このリスクの変動もしくは変動の予兆を的確に捉え、それに応じた保険のあり方を追求して行く必要がある。

小川和也×福岡伸一 対談【後編】「無数のドットを組み合わせることで、人間はこれからもいろんなものを生み出していく」---講談社現代ビジネス| 小川和也の「デジタル・ドリブン」
Notes

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41032

検索して情報は入手しやすくなったけれども、それは知識化ではない。脳の中にある一定量知識化されたものがないと、ひらめきは生まれにくい。

小川和也×福岡伸一 対談【前編】「いくらデジタルが進化しても、人間が人間としての存在意義を失うことはない」--- 講談社現代ビジネス | 小川和也の「デジタル・ドリブン」
Notes

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41030

機械も、摩耗したり劣化したり、エントロピーの増大は起こりますが、因果関係が明らかです。Aが起こったからBが起こり、結果としてCになる。生物の場合、それが一定ではなく、Aの次にCが来たり、Bから始まったり、AとCが同時に起こったり。因果律というよりは、関係性がその場でいかようにも変わるため、生物の時間と機械の時間は違うと私は認識しています。

可能性に満ちたものほど厄介だ --- 小川和也 | 講談社 読書人の雑誌『本』より
Notes

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40987

先進的技術、機械や機器、コンピュータ、インターネット、データ。「デジタル」は元来の概念から多様化し、人間との関係性を深め続けている。デジタルは人間に多くの恩恵を与え、利便性にあふれた未来の社会づくり…

「送客という言葉自体がプロダクトアウトである」
Notes

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1411/04/news004.html

前編で紹介したトイザらスの「シームレスリテイリング戦略」は、専門店にしかできないホスピタリティを徹底的に追求した結果、生まれたものだった。では、「シームレスリテイリング」は現場でどのように機能しているのだろうか? 日本トイザらス 執行役員 eコマース本部長 飯田健作氏に聞いた。

顧客思考を追究するトイザらスの「脱オムニチャネル」
Notes

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1410/31/news001.html

徹底した顧客重視の視点により、トイザらスは「オムニチャネル」から「シームレスリテイリング」へと考え方を変えた。2014年7月にリニューアルした同社のECサイトを中心に、同社の顧客に向けた各種取り組みを日本トイザらス 執行役員 eコマース本部長 飯田健作氏に聞いた。

ログイン | 新規登録