言語化する技術
Notes

先日、教育の専門家と話をする機会があり、その際に「言語化する技術を育てることが重要だ」という話を聞いた。
特に最近の若年層には言語化する技術が欠如している人が増え、教育上のひとつの課題になっているという。
言語化する技術とは、端的にいうと「自分の思考や感じていることをきちんと伝えることができる技術」だ。
まとまった量の文章を読むことも書くこともしなくなり、ショートメッセージによる簡易なやり取りが中心になっていくうちに、気づいたらこの技術が劣化している。
自分が伝達したいことを相手に正しく伝えられないということはコミュニケーションの齟齬を生むし、社会生活において極めて重要な技能を欠いていることになる。

言語化する技能。
これを意識的に育てなければならない社会になりつつある。

Customer Loyalty in Cross Channel Marketing Program
Notes

7/8-7/9に福岡で開催されているデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech kyushu」"Customer Loyalty in Cross Channel Marketing Program"というテーマのセッションに登壇してきた。

顧客ロイヤリティを強化するプログラムをどのように構築したらよいかという難題だが、セッションのメンバーである大手商業施設のパルコとよなよなの里で有名な地ビールメーカーのヤッホーブルーイングのマーケティングセクションの方が共に重要視していたのが「経営理念」であったことは印象深い。

CRMなどを推進し、緻密な計測、PDCAを積み重ねていると、特定の指標の部分最適化は実現できる。
しかしそれが、そもそも企業として目指すところに近づくステップアップになっているかといえば違う…という矛盾に出くわすことがある。
だからこそ、経営理念に立ち返り、企業として目指すべきゴールと顧客ロイヤリティ強化プログラムをシンクロさせて進めて行く必要があるということだ。

当たり前のことだとしても、目の前の指標、成果を追っていると、ここは意外と盲点になりやすい。
日々の積み上げが、目指すべきところに向かっているか。

果たして、努力の方向性は正しいか。
常に自問自答すべきことだ。

ノイズキャンセリング
Notes

もう長いこと愛用しているBose QuietComfort 15 Acoustic Noise Cancelling headphones (QC15) 。
周囲の騒音を大幅に低減し、聴きたい音だけをクリアに再生するアラウンドイヤータイプのノイズキャンセリング・ヘッドホンだ。

多少荷物がかさばることさえ許容すれば、飛行機や新幹線での長時間移動の際も疲れを軽減してくれる。

また、集中したいときにも強い味方になる。このヘッドホンを装置し、ノイズキャンセリングに切り替えると、まるで自分が真空に包まれたかのような感覚になる。これが意外と病みつきものなのだ。

キャンセリングはあくまでもノイズが対象なので、外の音が丸ごと遮断されるわけではないところもミソである。
ノイズを軽減することで、聴きたいものがクリアになり、そこに集中できる。

情報量大爆発、数多のゴシップ。ノイズが増える一方のこの社会の中で、それに惑わされることなく向うべきことに集中して向かい合おうといわんばかりのQuietComfort。そんなメッセージが聞こえてきそうなところも、シンパシーを感じてしまう理由だ。

クリエイティブノート、はじめます。
Notes

日常の中のちょっとした気づきや、デジタル、マーケティング、ベンチャーなどをテーマとした話を、ノートがわりにここに記していこうと思います。

ログイン | 新規登録